spycy tune.  

取り付け講座メニューに戻る

取り付け講座 10型アルファード編 【2列目 センターアームレスト】

上下させながらよくフィッティングさせることが大切です。


1.背面カバーをよくフィッティングした後、写真のようにアームレスト(大)を思いっきり中へ押し込みます。
この時、写真の部分は、まだ外に出た状態にして下さい。

2.

3.

4.手順2→3→4との部分をアームレスト(大)の下部へ入れ込みます。

5.この時、上下が綺麗に収まってるか確認しながら、思いっきり中へ押し込みます。

6. 型をつけるために、アームレストを入れ込んだ状態にして、収納口の内部を馴らします。

ここで(馴らしている状態で)すぐにアームレストカバーを付けると、アームレスト内部の生地にクセが付かず、セッティングが難しくなります。気持ち時間を置いてから、アームレストカバーを被せることをおすすめします。
(放置時間は長いほうが良いです)

7.アームレスト内部にクセを付けた後、いよいよアームレストカバーの取り付けです。取り付けはアームレスト自体に角度を作り、写真のようにその隙間から両手で手前から後方へフィッティングして下さい。

手前角(カド)からきっちりとセッティングして頂くと、よりフィット感が高まります。

8.写真のように両手でアームレストカバー下部を押さえながら、マジックテープを止めて頂くとやりやすいです。


9.アームレストカバー(大)を取り付けて完成です。

完成後、写真の状態(アームレスト収納状態)のまま、数週間押し込んだ状態にして頂くと、アームレスト収納口内部に綺麗なクセが付き、より完成度がUPします。
あまりクセが付く前に、アームレストを頻繁に出し入れする事は、おすすめしません。

↑page topへ