spycy tune.  

取り付け講座メニューに戻る

取り付け講座 10型アルファード編 【1列目 背面】

細部までよくフィッティングさせることが大切です。

1.まず始めにシート本体下側(シート裏側)の白いフックを外します。このフックは本体に引っ掛かっています。車進行方向前へ抜けますので、引っ張りぬいてフリーの状態にして下さい。 (下から覗いて頂くとわかりやすいです)
2.白いフックが付いているままですと、シートカバー装着に不具合がでますので、写真のように小さいマイナスドライバーでオープンして外して下さい。
3.白いプラスティックフックを外して頂くと、写真のようにフリーな状態になります。

4.運転席の背面はシートカバーを被せる前に、シート本体に付いているネジで止まっている買い物フックを外します。

※買物フック本体はネジを外した後引っ張ると外れます。


5.全体にカバーを軽く被せます。上部からよく手で押さえてフィッティングさせましょう。シート左右肩口からフィッティングしていきます。この時シート本体の角度を垂直にした後、シート後方から両肩口,片方づつ押さえ、体重をかけながら下方向にフィッティングして頂くと、よりフィット感がUPします。

6.背カバーをよくフィッティングした後、写真のようにシート本体の部分を上に跳ね上げ、カバーの中に入れて下さい。

7.シートカバーの中にきれいに入れ込みます。

8.アームレスト側側面の、テープをとめます。
9.その後、シート前側からでているカバーを背面シートと座面シートの間に入れ込みます。

10.再度、手順3を繰り返して背面カバーのフィッティングを調整します。

11.次に7の手順で入れ込んだカバーを後方から引っ張りだしテープで止めますが、この時、背面フィッティングの最後に写真のように1人が前面カバーを押さえ、1人が後ろからカバーを引っ張ると(2人がかり)より一層フィッティングが高まります。

12.最後にプラスチックカバー横にきれいにカバーを入れ込んで完成です。

★アドバイス
 この時、シート本体の元生地が見える場合はもう一度、
 手順3を繰り返してみて下さい。

↑page topへ