spycy tune.  

取り付け講座メニューに戻る

取り付け講座 10型アルファード編 【2列目 背面】(8人乗りの場合)

肩から下方に力を入れて細部までよくフィッティングさせることが大切です。

1.写真の通り2列目アームレスト固定ネジ部のプラスティックカバーは指で外せますのでカバーを外した後、ラチェット等でアームレスト本体を外し、2列目背面シートカバーを被せてよくフィッティングして下さい 。
その後、アームレストを元どおりに戻して頂くとよりきれいなフィット感が生まれます。 そして最後にアームレストカバーを被せて下さい。

2.右側のアームレストを外します。

NEWエスティマ 2列目背面編と同じ)
3.シート後方に回り、上から左右均等に被せていきます。この時、センターについているアームレスト(大)をカバー外へ出すようにして下さい。

NEWエスティマ 2列目背面編と同じ)

4.その後、シート肩口から押さえ込み上から下へとフィッティングして行きます。

この時上から下方向へフィッティングしながら、気持ち後ろから前方向へ同時にフィッティングして頂くと、フィッティングが高まり、より完成度がUPします。


NEWエスティマ 2列目背面編と同じ)
5.アームレスト大の収納口のフィッティングは収納口内の面積を広く取るように心がけて下さい。

NEWエスティマ 2列目背面編と同じ)

6.アームレスト(大)、収納口の面積を広く取る為に外から内へねじるようにフィッティングさせます。


7.3〜6の作業をした後、再度シート肩口から押さえ込み、上から下へとフィッティングを重ねて下さい。


8.肩口のズレを調整し、たるみのないように徐々に下方向へ押さえ込んでいきます。

この時矢印のように後ろから前へフィッティングして頂くと、肩口のフィッティングがよりUPします。

NEWエスティマ 2列目背面編と同じ)

9.その後、アームレスト(大)を思い切り中へ押さえ込みます。

アームレスト収納口内カバーに”くせ”をつける為にこの状態のままアームレストカバーを被せずに外の作業を進めて下さい。


NEWエスティマ 2列目背面編と同じ)

10.前に出ているシートを後ろへ入れ込みます。
この時、アームレスト(大)の下に出ているカバーはアームレストカバーの下に入れず、出したままの状態にしておいて下さい。

11.バックルテーブル全面が綺麗に出るように、シートカバーをセッティングして下さい。

この時シート上から下へ徐々にセッティングして頂くと、より完成度がUPします。


12.バックルテーブルのセッティングが終わった後、側面のテープを止め、写真のようにプラスチックカバーの中へシートカバーを入れ込んでいきます。


13.その後シート本体をテーブルモードにし、前方からもってきたカバーを引っ張ってセッティングし、写真のように綺麗ににテープを止めます。

14.綺麗にセッティングでき、完成です。

★2列目背面、助手席後側のセッティングも同様に行ってください。

↑page topへ