spycy tune.  

取り付け講座メニューに戻る

取り付け講座 10型アルファード編 【2列目 座面 運転席後ろ】

手前から細部までよくフィッティングさせることが大切です。



1.シート手前左右角から丁寧に被せていき、写真のように、プラスチックカバーにシートカバーを入れ込み、手前から手で押さえ込みフィッティングさせます。

2.シート手前左右角がフィッティングできれば、テーブルモードレバーを引きシート本体を前に倒した後、の部分を隙間からシート後ろへ出します。
3.写真手前の赤いラインまでシート角部分をあわせ、フィティングさせていきます。

4. この時写真のような体勢で、手前から奥へフィッティングを重ねて頂くと、よりフィッティングがUPします。

5.その後、再度シート手前→奥へとフィッティング調整していきます。


6.うまくフィッティング調整ができました。
次に左右のヒモをシート後ろで結んでいきます。
7.まず 6.写真 ヒモをプラスチックカバーとシートの隙間に入れ込み、後ろへ回します。

8.次に反対側、写真 ヒモを内側から入れ込み後ろへ回します。

9.写真部分箇所にヒモを通すとフィッティングが高まり、シートカバーがよりズレにくくなります。

10.両方からヒモを引っ張り結んでから、マジックテープで止めます。

11.最後に前からでているゴムヒモの処理をします。

12.ゴムヒモを座面下に引っ張ります。

13.写真のようにフックなどでゴムヒモを引っ掛けて完成です。
↑page topへ