spycy tune.  

取り付け講座メニューに戻る

取り付け講座 10型アルファード編 【3列目 座面】

手前から細部までよくフィッティングさせることが大切です。


1.まずアームレストを外しておきます。
(アームレストはハサミ等を使用すると、よりはずしやすいです)
※アームレスト本体を外さなくても取り付けはできますが、ここではアームレスト本体を外して解説致します。
2.写真のようにラチェット等でアームレスト本体を外して下さい。

3.座面パーツを手前からかぶせていきます。
この時、窓側のシート角(カド)から順に被せていくとやりやすいです。

4.前側の両角をフィティングした後、後側のカバー部分をシート後方(うしろ)へ出します。


5.細部のフィッティングは、背面シートをリクライニングさせフラットの状態にするとより作業しやすくなります。

6.フィッティングさせた後、後方のカバーをテープで止めます。


7.その後、シート本体を跳ね上げた状態にして左右から出ているヒモを結んでいきます。



8.この時、前側のヒモの途中で結び目を作り、ヒモを短くして結ぶ事でよりカバーが引っ張られフィッティングが高まります。
(あまり強く引っ張りすぎる事はおすすめしません。うまく調整して下さい。)


9.左右ヒモを結んだ後、上側のヒモを結びます。この時上側両端のヒモを左右ヒモ2段目に結んで下さい。

10.その後上側中央のヒモを左右ヒモ1段目に結んで下さい。

11.綺麗にヒモを結んで完成です。

↑page topへ